交通事故

当院では開業以来、月に1~10回、延べ1000回以上、
交通事故の後遺症による頭痛、吐き気、首が回らないなどのむち打ち症(頚椎捻挫)や、
背中の痛み、腰痛などで悩んでいる患者さんを診てきました。

よくあるケースは、

「自動車事故の後に病院に行き検査を受けたら、脳や骨には異常がないと言われました。
 でも首が張ると言ったら軽いむち打ち症といわれ、リハビリに通うように勧められました。
 そこでは牽引を受けるか、電気をかけてもらうだけで、あまり変わりません」

というものです。

そしてしょうがないので鍼灸・整骨院に行ってみたら、
マッサージと電気(低周波)をかけてもらうもやっぱり改善されず、
2か月、3カ月、半年と月日が流れて行ってしまったということです。

交通事故の後は病院で安静を勧められることも多いかと思いますが、
病院でレントゲンやMRIなどの必要な検査を済ませた後は、

なるべく早くきちんとした調整を受けたほうがいいですので、
もし交通事故による後遺症でお困りでしたら、
当院の治療方針について書きましたので、じっくりとお読み下さい。

保険の効く整骨院や病院には通いましたが・・・

 ・交通事故以来、背中が張ってきて、夜も寝られないほどつらく、
  毎日湿布を貼っています。  

 ・自動車事故の後に頭痛が止まらなくなりましたが、
  病院では鎮痛剤を処方され、後は様子をみましょうと言われただけでした。

 ・追突事故の後、首が張ってきて、頭痛、吐き気がするので整骨院に通っていますが、
  マッサージと電気をかけるだけで改善される気がしません。

 ・右折時に横から車をぶつけられてから調子が悪くなり、
  保険の効く病院や整骨院に行ってみたが、頭痛や吐き気が止まらない。

 ・自転車にぶつけられてから腰が痛くなり、
  歩いたり、寝返りを打ったりするのもつらいです。

という方々が、当院に来院されています。


当院では、カイロプラクティックと操体法という手技を使い、
根本的な改善と予防を目指して施術に取り組んでいますので、
「どこに行けばいいかわからない」とお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

 

「交通事故の後遺症」にはこんな治療をしています


交通事故の後遺症でよくあるのは、
むち打ち症からくる頭痛や吐き気、めまい、首の痛み、首が回らない等の症状ですが、

全体のバランスが崩れたために起きる、自律神経の問題、背中の張りや、肩こり、
不眠、腕のしびれ、腰の痛みなど、実に様々な症状が引き起こされます。

ここでは交通事故後に最も多い、
むち打ち症に対しての治療について述べさせて頂きます。

「むちうち症」は別名「頚部捻挫」、「外傷性頚部症候群」と診断されることも多く、
自動車事故の他は、スポーツ障害、労働災害によって起こすこともある状態です。

簡単に言えば、首の捻挫なのですが、
症状としては、頭痛や吐き気、めまい、首の痛みなどの症状が出ますが、
大切なことは1日でも早く適切な治療を受けるということです。

「むちうち」のような外傷性の場合は、
治療の開始が早ければ早いほどすぐに良くなる傾向にありますが、
時間がたてばたつほど、早期の回復が難しくなっていきます。

初めのうちは症状が軽かったり、何も感じないこともありますが、
予想以上の衝撃を受けている場合がありますので、
数ヵ月後から自覚できる症状が現れてくるということも間々あります。

当院にも時々交通事故やスポーツ、転倒などがきっかけで、
首を痛めたり、頭痛が止まらなくなって来院される方もいますが、
受診が早ければ早いほどいい結果が出ます。

では実際の施術は何をするかと言えば、
特に「むち打ち症」だからと言って、特別なものではありません。

首を痛めているからといって、
必ずしも首だけが問題を起こしているとも限らないので、

根本的なところに対処するためにも、先ずは体全体を調整していき、
結果としてむち打ちからくる症状が改善されることを目指します。

実は全体的にアプローチすることで、
特定の場所にも対処していくという方針を取る治療院は極めて少ないのですが、

当院では根本的な対処を目的としているため、
首や症状そのものをどうにかしようとはしません。

カイロプラクティックにより神経的な問題や構造的な問題にアプローチするか、
操体法によって全体のバランスを取るようにしていくかです。

その方が結果として早期に諸症状の改善も期待できますので、
臨床経験からしてもむち打ち症を無理に「治そう」とはしません。

当院では「治す」、「治される」の関係を離れ、
あなたが持つ素晴らしい自然治癒力が最も働きやすいような環境を作る
お手伝いをすることを一番に心がけています。

繰り返しになりますが、「むちうち」などの外傷性の場合は、
治療開始は早ければ早いほど良いですので、

もし事故やスポーツ障害等で「むち打ち症」が疑われる場合は、
まず病院で精密検査を受け、頚部の骨折、
脳などの異常がなければ早めの連絡をお待ちしております。

もし交通事故による後遺症などでお悩みでしたら、
お気軽にご連絡下さい。

交通事故による後遺症が改善された患者さんの症例です


当院に実際に「交通事故による後遺症」で来られた方の症例をご紹介しますので、
興味のある方はぜひお読み下さい。


●「車同士の交通事故に遭い、
2日目から頭痛、嘔吐、腰痛を訴えている方の症例です」


脳神経外科の検査で異常がないとのことでしたので、
早速調整を始めました。

主訴:起きられないほどの頭痛、嘔吐、腰痛、首を動かせない

1回目:全体の循環を良くすることに集中し、
   体にこもったような力を解放することを意識して調整しました。
   30分間ベットで寝てもらった後、頭痛は1/3位に軽減し、
   吐き気なし、腰痛わずか、まで回復。

2回目:翌日からは、だいぶ楽になり動けるようになったとのことで、
      厳密に検査をしたうえで、首の2番目の骨を矯正。
      好転反応が出るかもしれないと思い、アイシングをしながら30分の休息。

    予想通り好転反応により頭痛が夜に強まる。
   翌朝はウソみたいに楽になったとのことでした。

3回目:家事も普通にできるというところまで回復。
   骨盤と胸椎の4番、頸椎の2番を矯正後、体がすっきりしたとのことでしたので、
   休息なしで終了。3日後に予約を入れて頂きました。

今回は交通事故に遭い、急性的な症状も出ていたので、
3日続けての調整でした。

だいぶ調子も良くなって何よりです。

今回の件で思うのは、交通事故は本当に怖い!ということで、
事故に遭った後は、1日も早く信頼のおけるカイロプラクティックや操体法の先生に
診てもらう必要があるということでした。

因みにご家族の方も一緒に事故に遭われたので、
彼女のご両親と3歳の子供の調整もさせて頂きました。
                   (札幌市中央区宮の森 サービス業 32歳)



●「12年前に交通事故にあって、暫くしてから首が回らなくなり、
左の腕にしびれが出てきた方の症例です」


この方は首がほとんど動かせないという状態が続いたため、
近くの整骨院に10年以上通い続けたが、
少ししか改善されず、何とかしたいということで来院されました。

実際に来院された時も首は右を向くこと以外は、
ほとんど動かせない状態でした。

全体を検査してみたところ、腰もかなり良くない状態でした。
そこで腰を中心に調整し、最後に首の骨の1番上を矯正し、
筋膜を調整しました。

結果は左を向くときに少しだけ肩のあたりに違和感を感じる程度で、
上も下も、右も全く気にならないとのことでした。

本人いわく、「ずっと通っていたのに、おかしいな」との感想でした。


通常は交通事故のような外傷性の場合、
時間がたてばたつほど回復にも時間がかかるのですが、
今回のように1回で改善されてしまう場合もありますので、

科学的な検査と適切なアプローチができる、
カイロプラクティックや操体法の治療院に早めに行くことをお勧めします。
                   (札幌市東区 会社員 29歳)



●「4か月前に交通事故に遭い、首に痛みを感じている方の症例です」

この方は4か月前に自動車事故に遭ってから、
首の痛みや背中の苦しさなどから夜も眠れなくなっていました。

病院(整形外科)では特に異常がないとされましたが、
やはりつらいので交通事故専門を謳っている整骨院に通っていたそうでした。

そこではマッサージと電気をかけてもらっていたそうですが、
それでは改善されるはずもなく、保険が効いて安いとはいえ、
どこか結果の出せるところはないかということで、
来て下さったそうでした。

当院での施術は根本的な対処を図るためにも、
つらいところは基本的に放っておきます。

この方の場合も体全体を整えるために操体法という手技を使い、
足首から全体を調整したところ、その夜から痛みも軽減され、
1ヶ月後にはあれほどつらかった症状もほぼ改善されたとのことでした。
                  (札幌市西区発寒 介護職 52歳)

このページの先頭へ