【操体法】お尻から太ももの裏にかけてしびれと痛みが出る方の症例です。

【坐骨神経痛】の方の症例です。
お尻が痛い
車の運転をしていたり、黙って座っていると、
右のお尻から太ももの裏にかけてしびれと痛みが出るという方が来院されました。

一年程前からの症状だそうです。

整形外科で検査したところ、腰椎4番と5番の辺りが狭窄しているということでしたが、
この方は80歳を超えるご高齢と言うこともありましたので、

すべて操体法という手技のみで施術させて頂きました。

初めは体幹の三軸操体を行い、その後は膝倒し操法を行いました。

これだけで体の動きが劇的に改善されましたので、
1回目はそこで終了です。

2回目以降も操体法のみで施術をしていき、
4回目に来院された時には、
足の痛みやシビレは全く気にならないとのことでした。

後はもうつらい状態に戻らないようにセルフケアの仕方を
しっかりと身につけて頂ければ、再発もまずないかと思います。

当院では、
高齢の方にも優しい、「気持ち良さを味わえば体は自然と良くなる」という
自然の法則に即した操体法という施術法でも対応できますので、

もしお体のことで何かお悩みでしたら、年齢に関わらず、お気軽にご相談下さい。

感謝を込めて!
こころカイロプラクティック
遠藤晃央
================================================
【札幌市西区の医者も通う整体院】こころカイロプラクティック

【足のしびれ、痛み】改善特設サイト

口コミサイト:エキテン

〒063-0033 
 札幌市西区西野3条2丁目3-15
(びっくりドンキー裏の駐車場の向かい側)

 営業時間:9:00~19:30  水曜・日曜休み
TEL:011-661-1800


「ホームページを見て・・・」と、お電話下さい。
================================================

コメントを残す

このページの先頭へ