【自律神経失調症】熱感があり、吐き気、頭痛、だるさが治まらない。

2か月前から熱感があり、体のだるさが続いているという方が
札幌市東区伏古から来院されました。

神経学的検査この方は実際に36,7°C~37,0°Cの微熱が続き、
体もだるく、吐き気や頭痛もしていたそうでした。

平熱は35°C前半だというので、やはり微熱があったようです。

初めは風邪かと思い内科に行ったようでしたが、風邪でもないし、
血液検査をしてもこれといった異常は見られなかったようでした。

次に念のため脳外科に行って、MRIで検査をしても異常なしで、
治療のしようもないということで、最後は心療内科を勧められました。

しかしそういう問題ではないと思い、
肩や背中の凝りもひどいのでマッサージに行ったり、
鍼灸・整骨院で電気をかけてもらったりしていましたが、

だるさも熱感も変わらないので、最後は自律神経の問題じゃないかということで、
ホームページと口コミサイトを見て来て下さったとのことでした。


実際に体を診た感じでは、
確かに肩や背中は凝っているようでしたが、
それとは別に首の上部の張りが気になりました。

上部頚椎(頚椎1番、2番)というのは自律神経の受容器が集中しているため、
自律神経失調症や不定愁訴などと深く関わっていると言われているところです。

神経的な検査や動きの検査でも、頚椎1番にはっきりと反応が出ていましたので、
そこを意識して調整していきました。

実際の調整は頚椎の1番(C1:ASRP)をアジャスト(矯正)して、
ゆらしと呼ばれる操法(操体法)を行っていきました。

基本的にはこれだけでしたが、
2回目には熱感も減り、5回目の来院時(一か月後)には調子が良く、
だるさも吐き気も全くないということでした。

時々首に凝りを感じるということで、
今もメンテナンス的に来て下さっていますが、
すっかり調子が良いようです。


私にも何故不調だったのか、なぜ良くなったのかははっきりとはわかりませんが、
神経的な問題を調整し、体全体のバランスが整うようにしていけば、
体は勝手に良くなるようです。

それは腰痛でも、肩こりでも自律神経の問題でも同じです。

「先生、ありがとうございます、助かりました」
という嬉しい言葉を頂くことも多いのですが、
そんな時、私は必ず次のようにお伝えしています。

「ありがとうございます。でも治したのは私ではなく、
 ○○さんご自身の体なんですよ。素晴らしい体をお持ちですね。」

誰も他人の体を治すことはできませんし、
人は他人にどうこうされるような存在でもないと思います。

私は改善に向かうお手伝いを少しだけさせて頂いているだけですので、
治しているのは患者さん自身だということは、間違いありません。

当院では、「治す、治される」という関係を離れ、
全ての生命に備わっている自然治癒力を上手に発揮できる為の
お手伝いをさせて頂いています。

人は不自然なことをせずに放っておけば大抵の病気や症状は良くなりますが、
当院では早い回復のお手伝いができますので、
もしお体のことで何かお悩みでしたらお気軽のご連絡下さい。

可能な限り全力でサポートさせて頂きます。

愛と感謝を込めて!
こころカイロプラクティック
遠藤晃央
================================================
【札幌市西区の医者も通う整体院】こころカイロプラクティック

自律神経失調症、不定愁訴改善特設サイト

口コミサイト:エキテン

〒063-0033 
 札幌市西区西野3条2丁目3-15
(びっくりドンキー裏の駐車場の向かい側)
 
営業時間:9:00~19:30 水曜・日曜休み
TEL:011-661-1800

「ブログを見て・・・」と、お電話下さい。
=================================================

【不眠】夜も眠れず、だるさと吐き気で悩まされている方の症例です。

【何となく調子が悪い】という方の症例です。
  
  

コメントを残す

このページの先頭へ