【頭痛】がひどくて学校にも行けない(起立性調節障害)方の症例です。

3か月近くも頭痛がひどく、
学校も休みがちだという高校生の方が札幌市西区の山の手から来院されました。
神経的な検査
この方の場合、朝が特にひどく、基本的に一日中頭痛がやまない状態で、
もちろん内科や脳神経外科なども受診しましたが、
特に異常はなく、起立性調節障害でもないようでした。

最後には心療内科を紹介されましたが、精神薬の恐ろしさをよく理解されているようで、
薬だけは極力飲みたくないということで、マッサージや鍼も受けにいきました。

しかし結果は芳しくなく、特に変化は見られない状況でした。


症状をまとめると、
・頭痛(一日中、朝が特に)
・倦怠感(一日中、特に朝)
・背中のはり(背中をさすってもらうと少し楽になる)

以上の症状が3カ月ほど前から顕著である。

という状況です。

骨格の状態を見ると、背骨全体が直立したように真っすぐで、
S字カーブとか、生理的湾曲と呼ばれる前後の湾曲がかなり失われていました。

これは若者に特に増えている状態で、腰を丸めて座っているとできてくる状態です。

よく「猫背ですけど治りますか?」という質問を受けますが、
ほとんどの場合は腰を丸めているので猫背に見えるだけで、
実際は背中は平ら(平背)で、首も真っすぐ(ストレートネック)という
ケースが非常に多くみられます。


この方も平背にストレートネックという状態で、
神経的には頚椎1番、胸椎1番に物理的なストレスがかかっていました。

寝ていても体は緊張している状態なので、
これでは朝に症状が強く出るというのもよくわかります。


施術としては、頚椎1番を調整し、
操体法で全体のバランスを取るといったもので、
とてもシンプルなものとなりました。

まだ1回目ですので、今後状態がどう変化するかはわかりませんが、
神経的な問題にしっかりとアプローチして、全体のバランスを取っていけば、
精神的なブロックがよほど強くない限りは、自然と改善に向かいます。

腰を丸めることで首にストレスがかかり、結果として体全体に緊張を作り、
自律神経の問題を起こしている方を毎日臨床で診ていますが、

今回も姿勢の問題が如何に健康を害するかということを感じさせられた症例でした。

もし姿勢や体の不調でお悩みでしたら、お気軽にご相談下さい。
あなたの人生がより煌めいていけるように、全力でお手伝いさせて頂きます。

追伸:この方は後日別な病院で「起立性調節障害」と診断されましたが、
3回目の施術を終えた頃から頭痛が弱まり、5回目の後はかなりの改善がみられています。

感謝を込めて!
こころカイロプラクティック
遠藤晃央
================================================
【札幌市西区の医者も通う整体院】こころカイロプラクティック

自律神経失調症、不定愁訴改善特設サイト

【頭痛】改善特設サイト

口コミサイト:エキテン

〒063-0033 
 札幌市西区西野3条2丁目3-15
(びっくりドンキー裏の駐車場の向かい側)

 営業時間:9:00~19:30  水曜・日曜休み
TEL:011-661-1800


「ホームページを見て・・・」と、お電話下さい。
================================================



 

コメントを残す

このページの先頭へ