【アトピー性皮膚炎】病院に行ってもステロイドが手放せなかった子の臨床例です。

小児の頃からアトピーに悩まされており、
ステロイドが手放せなかったという高校生が北区から来て下さいました。
操体法
この方は元々めまい、慢性疲労、イライラ、不安感、
体温調整が上手くできないという訴えで来院されましたが、
顔を含め体全体に明らかにアトピーの症状が出ていました。

3、4か月前からめまいがひどくなり、
学校にも行けなくなったために当院に来て下さったのですが、
それまでに行った病院は脳神経外科をはじめとして、
耳鼻科、循環器科、心療内科2件にもなり、
結局は精神安定剤を出されてお終いでした。


彼の状態を診る限り、普通に考えれば【副腎疲労】が主たる原因と
推測されましたので、副腎、腎臓、肝臓、横隔膜などの内臓からアプローチし、
最後は脳脊髄液の循環を調整するために頭蓋調整を行っていきました。

結果は3回目の来院時には、まだ疲労感は残るものの学校に行けるように
なっており、
4回目(約1か月後)には調子が良いということでした。


それに伴いアトピーの症状も明らかに改善され、
母親が言うには当院に来てから、ステロイドを1度も使っておらず、
こんなことは幼少の頃から初めてだとおっしゃっていました。


これはある意味当たり前のことで、
アトピーというのは体内の毒素を尿や便などから上手く排泄できないために、
皮膚から排毒しているところにブドウ球菌などの細菌が繁殖して、
皮膚の炎症やかゆみ等の症状が出ている状態です。

そこに肝臓(解毒)や腎臓(循環)、副腎(ステロイド)、下垂体(ホルモン)などに
アプローチしていけば、解毒能力も高まり、ホルモンの分泌状態も
良くなるので、
アトピー性皮膚炎の改善も期待できます。

アトピーに対しては通常3か月~6か月(血液の入れ替えが約90日のため)の期間が
必要な場合も多いのですが、この方のように1か月程で改善される方も時々います。

もちろん人の体ですので絶対はありませんが、アトピー性皮膚炎のような難治性の
症状でも、
きちんと対処していけば改善される方は珍しくありません。

もしステロイドを使い続けている方やすでにあきらめている方でも、
病院以外の方法をお探しでしたら、整体やカイロプラクティックできちんと結果を
出している先生方もいますので、そういった治療院に行くことをお勧めします。


当院でもアトピーでお悩みの方は常に来院されていますので、
もしお悩みでしたら、お気軽にご連絡ください。


感謝を込めて!
こころカイロプラクティック
遠藤晃央
================================================
【札幌市西区の医者も通う整体院】こころカイロプラクティック

自律神経失調症、不定愁訴】改善特設サイト

口コミサイト:エキテン

〒063-0033 
 札幌市西区西野3条2丁目3-15
(びっくりドンキー裏の駐車場の向かい側)
 
営業時間:9:00~19:30 水曜・日曜休み
TEL:011-661-1800

「ブログを見て・・・」と、お電話下さい。
=============================================

【自律神経失調症】で、【アトピー性皮膚炎】の悩みもある高校生の施術後の感想です。

【アトピー性皮膚炎】中学生の子の臨床例です。

【小児アトピー性皮膚炎】痒くてぐっすり眠れない5歳の子の親からの感想です。

 

コメントを残す

このページの先頭へ