【脊柱管狭窄症】の様で歩くのもつらく、病院では・・・という方からの感想です。

「脊柱管狭窄症」のような状態で腰が痛く、歩くのもつらいという方が、
札幌市中央区から来て下さり、施術後の感想を書いて下さいました。
脊柱管狭窄症【来院前の状態】

寒くなる時期、無理にジョギングやストレッチをしすぎたせいか、
左膝と左腰に激痛が走り、歩行、曲げ伸ばしともにできなくなった。


【施術後の感想】

最初は整形外科に行ったが、痛み止めと湿布薬をくれただけ。
このため友人に紹介してもらった当院を訪問。

膝の痛みで10mも歩けなかったのが、徐々に動かせるようになった。


まだ膝や太ももの周辺に筋肉のこわばりが残り、
階段やバスのステップは不安だが、この他はほぼ元に戻った。

外科的措置や投薬に頼らずに、ここまで来られたことに感謝。
「前回の治療の効き具合、体の調子を見ながら毎回、施術が少しずつ変わる。
引き出しの多い人」と言っていた友人の感想をあらためて思い起こしています。


【院長から】

この方は来院当初、10m歩くのもつらく(間欠性跛行)、
脚に体重をかけると激しい痛みが出て、
夜もつらい状態でした。

施術を始めて1か月ほど(4,5回程)で症状はかなり改善され、
歩くのもほぼ困らなくなりました。

この間私がしていたことは、体の自律神経の状態を意識し、
反応の出ていたところ(頸椎一番、左の仙腸関節、肝臓など)の

不調和を整え、結果を確認し、
本人にも状態の変化を感じていてもらっていただけでした。

2か月たった今はジョギングもしているそうです。


当院ではどんな症状であれ、
「治そう」、「絶対に良くするんだ」という関わり方、
あり方は取りません。

人って、「治すとか、治してもらう」というような、
そんなちっぽけな存在ではありませんよね。
機械ではないのだから。

きちんとその方には良くなる力が備わっていますので、
症状からその意味をくみ取り、何が本質なのかに気が付けば、

自ずといい結果が出ますので、私は患者さんに寄り添い、
患者さん自身が本質に気づくお手伝いをするだけです。

そうしていれば、ジョギングもできるようになるみたいですね。


何か心や体のことでお困りでしたら、
お手伝いできることがあると思いますので、
お気軽にご連絡下さい。

感謝を込めて!
こころカイロプラクティック
遠藤晃央
================================================
【札幌市西区の医者も通う整体院】こころカイロプラクティック

【脊柱管狭窄症】改善特設サイト

【脚の痛み】歩くとお尻から足にかけて痛みが出る方の症例です。
 
【脊柱管狭窄症】足の痛み、しびれがある方の臨床例です。
  
口コミサイト:エキテン

〒063-0033 
 札幌市西区西野3条2丁目3-15
(びっくりドンキー裏の駐車場の向かい側)
 営業時間:9:00~19:30  水曜・日曜休み
TEL:011-661-1800


「ホームページを見て・・・」と、お電話下さい。
================================================

コメントを残す

このページの先頭へ