【起立性調節障害】で頭痛と腹痛がつらい方の症例です。

2週間ほど前に遠く釧路から来院された中学生の男の子のその後の経過です。
前回の記事はここから見れます

神経機能の検査前回は骨盤(R-PI)と頚椎1番(C1:ASRP)を調節し、
全体的に状態が良くなるような調整をしました。


そして薬(エホチール)の副作用らしき症状もみられたので、
主治医と相談して薬を中止するかどうかも検討してみるように
アドバイスをさせて頂きました。


その後患者さんは薬を止められたそうです。
初めの調整から2週間後の経過はなかなか順調なようで、
朝はまだ起きられないものの、食欲も増して、
倦怠感や頭痛もかなり改善されているとのことでした。


起立性調節障害の原因ははっきりわかりませんが、
今診せて頂いている4人の方に共通していることがいくつかあります。

1つがストレートネックであり、
もう一つが頚椎1番と胸椎1番、2番(上部胸椎)辺りに
神経的な反応がみられることです。
(ストレートネックだとここにストレスがかかりやすくもあるのですが)

このストレートネックの状態が、
起立性調節障害にどう影響しているのかは定かではありませんが、

ストレートネックだと自律神経に深くかかわる頚椎1番に
物理的なストレスを与えるため、
自律神経失調症などの状態を作りやすくなります。

いずれにしても当院では、
必ず神経的な問題がどこにあるのかを検査して、
必要なところを調整していきますので、
その方にとって、
自然治癒力が最も働きやすい体の状態になっていきます。


結果として様々な症状の改善がみられていますので、
この方もどんな経過をたどっていくのかとても楽しみです。

愛と感謝を込めて!
こころカイロプラクティック
遠藤晃央
================================================
【札幌市西区の医者も通う整体院】こころカイロプラクティック

自律神経失調症改善の特設サイト

ストレートネック改善の特設サイト

口コミサイト:エキテン

〒063-0033 
 札幌市西区西野3条2丁目3-15
(びっくりドンキー裏の駐車場の向かい側)
 
営業時間:9:00~19:30  水曜・日曜休み
TEL:011-661-1800

「ブログを見て・・・」と、お電話下さい。
=================================================





コメントを残す

このページの先頭へ