【発達障害、自閉症】の子のお母さんから感想を頂きました。

【自閉症】の子のお母さんから感想を頂きました。
IMG_6219
【施術前の状態】

来院する前の状態は、
小さい頃より新奇場面への不安や対人面での不安が強い子で、
発達面で児童精神科のフォローを受けていました。

学校に入ってからでも感情の起伏が激しく、
ちょっとしたことで怒ったり、落ち込んだりしていました。

夜は最も不安が強くなるようで寝つきも悪く、
泣き出したりすることもありました。

恐がりで母の側からなかなか離れない子でした。


病院からは漢方薬や抗不安剤を処方してもらったこともありました。
不安を抑えるSSRIを勧められたりもしました。

チックを抑える薬も処方されました。
ですが精神科の薬は娘には効果がないばかりか、
副作用のため食欲増進にみまわれ、かなり太ってしまいました。

学齢期には音声チック、運動チック、強迫的行為も強くなり、
学校にも行けなくなってしまいました。


どうしたらよいか悩んでいたある時、
花風社から出されている「自閉っ子の心身を楽にしよう」
~睡眠・排泄・姿勢・情緒の安定を目指して今日からできること~
という本の存在を知りました。

その本の筆者である栗本啓司先生に診てもらった自閉っ子の人たちが、
どんどん良くなっていくのを知りました。

栗本先生は神奈川県の小田原市で「体指導室 あんじん」
というところで指導をされています。


遠方でしたが藁をもすがる気持ちでそちらに娘を連れていきました。

「あんじん」は操体法を取り入れた方法でした。

そこにお世話になってから娘が私から離れ、
どんどん外の世界で頑張れるようになっていきました。


そんなお話をお友達にしたところ、
操体法とカイロプラクティックで体を治してくれる先生が
何と札幌にいるということを教えてくれたのです。

それが娘と遠藤先生との出会いでした。


【施術後の変化】

お世話になって一ヶ月になりますが、
お陰さまで娘の調子が更にどんどん良くなっていくのを感じています。

学校にも毎日元気に行っています。
寝つきも良くなりましたし、チックも落ち着き、
トイレの後の不快感もほぼなくなりました。

少しだけ汗もかけるようになりました。
そして何より笑顔が増えました。

とっても嬉しいです。

娘は遠藤先生にやってもらう足の裏のマッサージ(※操体法のゆらし)
が大好きで、治療中に気持ち良くて寝てしまいます。

家でも私にやってとせがんできます。

夜寝る前に蒲団の上でマッサージをしてあげると、
娘が「気持良い~」と言ってくれます。

本当に嬉しくなります。

更に最近マッサージをしている側の私の体調も
良くなったように思います。

本当に感謝の気持ちで一杯です。
どうもありがとうございました。

 

【院長から】

小学生の子供が、「心も体もつらくて学校に行けない」となると、
その子の親はどんなに心配で、不安で悲しいだろうかと思います。

症状や状況はお母様が上に書いて下さったとおりですが、
体の状態を診ると、頚椎1番に神経的な反応が出ており、
後は内臓(特に肝臓、腎臓、横隔膜)の状態が気になりました。

実際に行ったことは、頚椎一番の矯正、内臓と頭蓋骨の状態を
整えること、それとこの子が気に入ってくれたという、
操体法のゆらしくらいでした。

ただ体は心よりも優位ですので、
数回の施術の後は体と共に精神的な状態も改善されてきており、
今は学校にも行けているし、寝つきも良くなったということで何よりです。

そして何よりも、子供の笑顔が増えたということが、
私にとっても嬉しいところです。


この子の他にもやはり自閉症の子が、
眠れるようになり、学校にも行けるようになった例もありますので、
もし自閉症の子をお持ちの親で病院とは違ったアプローチをお考えでしたら、
お気軽にご連絡下さい。


当院ではカイロプラクティックだけではなく、
操体法や内臓テクニック、クラニアル(頭蓋骨調整)を行っていきますので、
より深いところ、より根本的なところにアプローチしていけます。

愛と感謝を込めて!
こころカイロプラクティック
遠藤晃央
================================================
【札幌市西区の医者も通う整体院】こころカイロプラクティック

自律神経失調症、不定愁訴改善特設サイト

口コミサイト:エキテン

〒063-0033 
 札幌市西区西野3条2丁目3-15
(びっくりドンキー裏の駐車場の向かい側)
 
営業時間:9:00~19:30 水曜・日曜休み
TEL:011-661-1800

「ブログを見て・・・」と、お電話下さい。
=================================================

【不眠】夜も眠れず、だるさと吐き気で悩まされている方の症例です。

【何となく調子が悪い】という方の症例です。

【自律神経失調症】熱感があり、吐き気、頭痛、だるさが治まらない。
  

コメントを残す

このページの先頭へ